いつかはクラウンという言葉と変わらぬ存在感

4-1

トヨタといえば、世界で最も車を売っているメーカーです。
だれもが知っているメーカーでもありますが、それはそれだけ信頼性の高い車を作り売ってきたからといえるでしょう。
車は安いものではありません。
だからこそ、大切に乗っていくためにも、信頼性の高い車は人気があるといっていいでしょう。

最高級で最上位なクラウン

トヨタの車の中でも、変わらず人気がある車種はいくつか存在します。
特に人々の印象に残るキャッチフレーズは、いつかはクラウンでしょう。
この言葉に表されているとおり、クラウンはトヨタの車の中でも最上位に君臨し続けました。
セルシオが生まれ、最上位ではなくなるものの、レクサスへ移っていったことで、トヨタとしては最高峰の車となっているのです。

クラウンの良さは、なんといっても日本人のための車であるということでしょう。
広さがあり、静かで快適な車で、疲れたりせず運転することができるのです。
最新技術も満載になっているのも、最上位の車である証でもあります。

ただし、若い年代には、面白みがないと称されることもあるのです。
それはトヨタらしい80点主義に基づく車だということではありません。
あまりにも優等生すぎて、けなすところがなくなるからです。
それでも、高品質な室内を考えれば、贅沢なことであることは間違いありません。
一度乗ってしまえば、できすぎた車である以上、離れることもできなくなって行くことでしょう。

いつまでたっても変わらない存在感

他の車にあるもので、クラウンにはない装備はないというほど完成されていくクラウンは、とにかく多くの装備があります。
たとえば、スーパーチャージャーを初めて搭載したのもクラウンでした。
確かにレクサスが出来上がり、最高級ということからかけ離れていくことも確かです。
しかし、クラウンに変わる車があるのかといえば、どのメーカーにもありません。
クラウンはクラウンであり、似たようなものを作ったとしても、超えた存在はないのです。

いつかはクラウンという言葉は、いまだに生きています。
最近は、高級感がなくなったという人もいますが、結果的にクラウンのオーナーになったことがない人が評価しているのがほとんどです。
そんな人は、あこがれの目標が変わってしまったということだけであり、クラウンを評価していなかったりします。

だからこそ、クラウンはいつまでたっても変わらない普遍的な存在なのであり、これが最も大きな価値だといえるのです。